トップ > JA共済画像伝送システム

JA共済画像伝送システム

お知らせ

JA共済画像伝送システム「ディスクマネージャ」では、通信内容の保護を目的として、HTTPS(SSL暗号化通信)技術を利用して通信内容を暗号化していますが、現在この技術の一部について、脆弱性が指摘されております。この対策として、2015年12月より暗号化通信技術を最新のものに切り替えておりますが、Windows XP Service Pack 2 以前のOSではこの技術をサポートしていないため、ディスクマネージャをご利用いただけなくなります

ディスクマネージャ起動時に 「原因不明のエラーが発生しました。」 と表示される場合には、以下の2点をご確認ください

  • 1.Windows XP をご利用の場合
  •   Service Pack 3 および Internet Explorer 8 以降が適用されているかご確認ください。 サービスパック確認方法
  • 2.上記を適用済み、または Windows XP 以降の OS をご利用の場合
  •   Internet Explorer の「ツール」>「インターネットオプション」> 「詳細設定タブ」内の「TLS 1.0」「TLS 1.1」「TLS 1.2」それぞれを
  •   使用するチェックボックスにチェックが入っているかご確認ください。 チェックが外れている場合は、チェックを入れてください。

※下記 「よくあるお問い合わせ内容」② もご確認ください。

 

ご案内・マニュアル

JA共済画像伝送システムをご利用いただくためのご案内・マニュアルです。⑤,⑥,⑦のファイルにつきましては、担当鑑定士またはサポート担当からご案内させていただきます(⑦のファイル実行時には、パスワードの入力が必要となります)。

よくあるお問い合わせ内容 (PDFファイルで対処方法を確認できます)

 
PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Reader®が必要です。
インストールされていない場合は、下記アイコンからインストールしてください。
Adobe Reader
PAGE UP