トップ > JA共済画像伝送システム

JA共済画像伝送システム

お知らせ

JA共済画像伝送システム「ディスクマネージャ」では、通信内容の保護を目的として、 HTTPS(SSL暗号化通信)技術を利用して通信内容を暗号化していますが、現在この技術の一部について、 脆弱性が指摘されております。この対策として、2020年6月より暗号化通信技術を最新のものへ切り替えました。 これによりwindows8.1 以前のOSではこの技術をサポートしていないため、ディスクマネージャをご利用いただけなくなります。

2020年6月1日よりディスクマネージャをご利用いただけなくなるOS

Windows Vista
Windows XP
※「正しく通信できませんでした。接続し直してください。」というメッセージが表示されます。
※Windows 7、Windows 8については、ブラウザのアップデートを行うことにより 使用可能となる場合がありますが、修理工場様の責任において対応をお願いします。

動作環境に問題がなく、ディスクマネージャ起動時に 「原因不明のエラーが発生しました。」
「正しく通信できませんでした。接続し直してください。」と表示される場合には、以下の内容をご確認ください。

  •  Internet Explorer の「ツール」>「インターネットオプション」> 「詳細設定タブ」内の「TLS 1.2」にチェックボックスにチェックが入っているかご確認ください。 チェックが外れている場合は、チェックを入れてください。

※下記 「よくあるお問い合わせ内容」② もご確認ください。

 

ご案内・マニュアル

JA共済画像伝送システムをご利用いただくためのご案内・マニュアルです。⑤,⑥,⑦のファイルにつきましては、担当鑑定士またはサポート担当からご案内させていただきます(⑦のファイル実行時には、パスワードの入力が必要となります)。

よくあるお問い合わせ内容 (PDFファイルで対処方法を確認できます)

 
PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Reader®が必要です。
インストールされていない場合は、下記アイコンからインストールしてください。
Adobe Reader
PAGE UP